家族信託制度とは

「家族信託」とは、一言でいうと『財産管理の一手法』です。
資産を持つ方が、特定の目的(例えば「自分の老後の生活・介護等に必要な資金の管理及び給付」等)に従って、その保有する不動産・預貯金等の資産を信頼できる家族に託し、その管理・処分を任せる仕組みです。いわば、「家族の家族による家族のための信託(財産管理)」と言えます。
家族・親族に管理を託すので、高額な報酬は発生しません。したがって、資産家のためのものでなく、誰にでも気軽に利用できる仕組みです。

仕組みはシンプルです。財産を持っている人を「委託者」と呼び、管理を任せる、つまり預ける財産のことを「信託財産」といいます。
その「信託財産」を実際に管理してもらう人のことを「受託者」といいます。そして、その財産から得られる収益を得る人のことを「受益者」と呼びます。家族信託の構造は、基本的にこの三者構造で成り立っています。
法制度上は、財産管理を担う受託者には「個人・法人」あるいは「専門家・素人」の誰でもなることができます。
家族信託はこの受託者に家族、親族が就くことで「家族で財産の管理をしましょう」「一族でその財産を守っていきましょう」という仕組みを実現することが目的なのです。

pdf

問い合わせ

信託不動産の登記簿記載事例

〈信託目録〉登記簿の「信託目録」には信託契約の詳細が記載されます。
・委託者に関する事項・・・誰が預けたのか
・受託者に関する事項・・・誰が預かったのか
・受益者に関する事項・・・この不動産から実質の利益を得るのは誰か
※この時点で預けた人と利益を得る人がイコール(同一人物)の場合、財産の移転はなかったということで、贈与税や取得税などの課税は基本的に発生しません。
・信託の目的・・・何を目的とした信託か
・信託財産の管理方法・・・受託者はどこまで権限を持っているか
・信託の終了事由・・・この信託はいつ終わるか

家族信託の検討から組成までの流れ

家族信託は、それ単独で検討するよりも、相続対策(相続税対策含む) 、遺言制度、成年後見制度などの利点と合わせて検討することが大切です。
FUSOWでは、経験豊富な「相続対策専門士」がご検討の段階からアドバイスさせていただきます。
どうぞお気軽にお問合せください。

家族信託検討自己診断チェックシート

以下の設問にYES・NOでお答えいただき、家族信託の活用が有効かどうかのご検討にお役立て下さい。
FUSOWでは、経験豊富な「相続対策専門士」がご検討の段階からアドバイスさせていただきます。
どうぞお気軽にお問合せください。

1.家族信託で問題が解決するかのチェック

項目回答
二次相続以降の財産の承継先を決めておきたいYES・NO
相続の件で、家族には決してもめてほしくないYES・NO
老後の財産管理を家族に任せたいYES・NO
相続税対策を、時間をかけて行う必要があるYES・NO
既に共有名義もしくは将来共有になる可能性のある不動産があるYES・NO
所有する財産は自宅のみであるYES・NO
財産のほとんどは不動産であるYES・NO
財産の多くを自社株が占めるYES・NO
親子で離れて暮らしており、将来も同居は難しいYES・NO
将来は介護施設や老人ホームで暮らしたいYES・NO
財産の所有者が認知症等になるのが心配であるYES・NO
障害のある子どもの将来を万全にしておきたいYES・NO

*「YES」が1つでもあれば、家族信託検討の余地があります。

2.家族信託の活用が難しいかのチェック

項目回答
財産を託せる家族がいる(任せても良い人がいる)YES・NO
親子や兄弟間で相続や資産承継の話ができるYES・NO
相続や資産承継の内容は家族内でオープンにしてもよいYES・NO
自分の財産内容は、調べれば整理できるYES・NO
相続の問題で、残された家族に心配をかけたくないYES・NO

*「NO」が1つでもあれば、家族信託の活用は適切でないかもしれません。

pdf

問い合わせ