相続対策

円満な相続のために

相続対策は、税金対策だけではなく、どのような形で分けるのかが大切です。
相続税がかからなくても、「相続」が「争族」とならないために、事前の準備が大切です。
まずは、FUSOWの無料相続診断にお気軽にご連絡下さい。

相続税の税改正

平成27年1月1日より、相続税の税制改正が施工され、課税対象者が拡大しました。
相続がスタートするとたった3ヶ月で相続を受けるか放棄するかの判断をしなければなりません。
さらに、10ヶ月後には相続税を払わないとなりません。
相続税の軽減措置を受けるためには納付期限までに遺産を決めておかなければなりませんから、事前に資産整理を行っておくことが大切です。

新しい発想での相続対策を始めましょう

相続人全員の将来の生活設計を描いてからの分割、納税、節税対策 が大切です。
FUSOWには、知識と経験が豊富な相続対策専門士が常勤し、無料でご相談に対応させていただいておりますので、お気軽にご連絡ください。

1.分割対策

分割対策は、「継ぐ」べきものと「分けるもの」を、そして「相続人の生活設計」さらに「納税準備」を考える必要があります。
そして大切なことは、円満な相続と相続人が安心して暮らせることです。

2.納税対策

納税対策は、相続が発生してから10ヶ月以内に現金で納税しなくてはなりません。
相続資産に「現金」の割合が小さい場合は、不動産屋その他の資産を売却しなくてはなりません。物納や分納もありますが、相続人にとって好ましくはありません。

3.節税対策

節税対策は、不動産なら「評価を下げ、価値を上げる」さらに「優良資産への組み替え」などがあります。
そこには、「借金の相続対策」や「プライベートカンパニーの利用」「生前贈与」等による対策などが挙げられます。
「節税力」を見極めるには、その不動産の「収益力」「換金力」が有るか否かをチェックする必要があります。時価と固定資産評価の乖離が大きいほど「節税力」が有ると言えます。

pdf

問い合わせ