住宅ローン返済が困難になったり、ストップしてしまった場合、通常は競売へと移行してしまいますが、任意売却により、競売を免れます。
さらに、債務者(所有者)が自宅を売却後も同じように住み続けたい場合、任意売却の購入者(投資家)が債務者の不動産を購入した後、債務者と賃貸契約を結び賃貸料を支払うことにより、今までの家に住み続けることが可能となります。
ただし、これには購入者の協力が必要であるため、信頼できる第三者に不動産を売却することが前提となります。

リースバックとは

リースバックとは任意売却の発展系

リースバックとは、信頼できる第三者(投資会社・一般投資家など)に不動産を売却して、賃料を支払う事で継続して不動産を利用できる有効な解決 手法です。
将来的にはリースバック終了後に買い戻し優先権にて不動産を買い戻すこともできます。不動産が債務超過やオーバーローンをしている場合でも任意売却を併用する事で、リースバックが可能になります。

FUSOWの不動産リースバックとは

FUSOWの「不動産リースバック」は、当社がリースバックの「買い手」又は「仲介」となります

FUSOWの「不動産リースバック」は、当社がリースバックの「買い手」又は「仲介」としてお客様の不動産を買い受け、お客様は不動産を売却後、当社とリース契約を結んで頂き、そのまま今迄と同様に不動産を使用し続けていただけるシステムです。
将来的にはリースバック終了後に買い戻し優先権にて不動産を買い戻して頂くこともできます。

買い取り代金は一括してお支払します。お客様は不動産売却後にリース料をお支払いいただきます

次のようなことでお困りのお客様にご提案します

子供の学校の学区域を変えられないから引越できない。

事業所として登録しているため移転できない。

長期ローンの返済が苦しいので家を売却したいが、住み続けたい。

知人で買い受けてくれる人がいない。

母(父)が生存中は、自宅を売却できないが資金が必要。

FUSOWの「不動産リースバック」のメリット

買い取り代金は一括してお支払します。売却しても今までと同様に住み続けることが出来ます。

FUSOWの「不動産リースバック」の流れ

FUSOWの「不動産リースバック」の流れ