住宅ローンが払えなくなり、債権者から競売にかけられてしまった場合、
「まだ、諦めないでください」競売を避けられる方法があります。

当社は、任意売却、債務整理処理、緊急資金手当てに関しての多くの実績を重ね、オーバーローン問題に関する諸問題への対応力が強いのが特徴です。

住宅ローンの問題は、 多重債務や相続、保証人との関係など、 複雑な事情が関わりますので、弁護士・税理士など法律の専門家と連携して問題解決に向けて力添えをさせて頂きます。

任意売却に限定せず、ご相談者様にとって有利な解決法を法的な観点からもアドバイスさせて頂いています。

まずは、私達にご相談ください、解決のためにお力添えさせていただきます。

競売と任意売却の違い

債権者による競売と任意売却の違いをご覧ください

競売による処分比較項目任意売却による処分
市場価格の6〜8割売却価格市場価格に近い金額
近所や職場に知られる可能性が高いプライバシー事情を知られずに売却可能
認められない引越し代費用として捻出可能
できない残債務の交渉できる
不可能売却後の居住交渉可能

任意売却にするか競売になってしまうかで、大きな違いが生じます。
任意売却できると、競売で売却された時よりも残債務が少なくなるのが大きなメリットです。

競売と任意売却両方のメリット・デメリットを正しく理解することが、任意売却を行う上で重要となります。

任意売却のメリット

任意売却には売却金額の他、多くのメリットがあります

競売による落札価格より、任意売却の処分価格の方が高く処分でき、売却後の残債務額が減ります。

任意売却代金から、債権者へ債務弁済額が不足した場合でも、居住者の引っ越し費用を売買代金から必要経費として受け取れます。

競売による債権者への配当日まで、元金以外の損害金が加算され、所有者への剰余金が目減りするのを防ぎます。

債権者が任意売却に応じる理由

任意売却には債権者にも多くのメリットがあります

競売より回収金額が増える

競売配当より早期に回収できる

債権回収が先に確定した方を優先

いつまで競売の取下げが可能?

競売の取下げには期限があります

競売の取り下げ可能な期限は、「開札期日」の前日までです。

競売申し立て後4ヶ月から6ヶ月目に開札期日が到来しますので、その約6ヶ月の間に 任意売却ができれば、競売を取り下げることが可能です。
「今決断すればまだ間に合います。」

一般的な任意売却の流れ

任意売却のスケジュールに沿ってサポートします

その他の成功事例

任意売却以外にも競売を避けられる方法はあります

居住したまま親族に任意売却し、新たに親族へ家賃を払う

FUSOWと共同事業による利益配当型プロジェクト

一旦、ノンバンクで借換を行い、都合のよい時期に時間をかけて売却する

家族間で売買を行い、新たに住宅ローンを組みなおす

賃料収入を目的とする、不動産投資家へ売却し賃料を支払う

FUSOWの無料相談窓口をご利用ください

住宅ローンのことならFUSOWにご相談下さい


住宅ローン滞納などで大切な不動産が競売にかけられてしまったら、まずは一度、私達にご相談ください。
専門知識と豊富な経験を持つ、公認不動産コンサルティングマスターが無料でご相談に応じさせていただきます。
ご一緒に、より良い方法での解決に向けてサポートさせていただきます。